害獣について

害獣について

現在の日本列島には有害鳥獣、害虫となりうる様々な野生動物や外来生物が生息しています。もちろん住宅が密集しているような関東近県でも例外ではありません。外来生物と言われるアライグマやハクビシン、イタチなどの中型動物から、ネズミやコウモリなどの小型動物の被害も増加しています。

こちらでは日本での被害が多い害虫獣についての生態や被害について、また当社へ駆除をご依頼いただいた後の害獣のその後についてをご説明致します。

害獣の種類について

ハクビシン、アライグマ、コウモリなど害獣達の生態について

害獣と呼ばれるようになってしまった主な動物達の生態等を解説します。ご紹介するハクビシンやアライグマなど、見た目はかわいい動物もいますが、家屋に侵入し様々な迷惑をかけるので害獣とされて...

続きはこちら

害獣による被害について

ハクビシン、アライグマ、コウモリなど害獣達による被害状況について

害獣が室内に入り込んだりするとどのような被害が出るのでしょうか。夜中の騒音、配線を齧られての火災など、こんなことまで?といったこともあります。今までに弊社に寄せられた...

続きはこちら

害獣駆除、動物達のその後は?

ハクビシン、アライグマなど害獣達のその後について

弊社にて駆除をした動物達のその後についてはどうなるのでしょうか?気になるその後をお伝えします。

続きはこちら

スタッフブログ更新中

害獣駆除のご相談・お問い合わせ 年中無休24時間対応

  • 駆除のご相談・お問い合わせはフリーダイヤル0120-6494-86/年中無休・24時間受付中!
  • メールでのご相談・お問い合わせはこちら

こちらもご覧ください